ノウハウクラス
ケーススタディクラス

プレゼンテーションコース

プレゼンテーションの仕組み
魅力的に伝えるためのプレゼンテ−ションのコツ
プレゼンテーションスキルとは、ただ順を追って分かりやすく説明するだけではありません。聴衆を惹き付け、よりイメージしやすく、より魅力的に伝えていくスキルです。仮に内容については全く同じ説明だとしても、プレゼンテーションスキルを使った話し方ができるか否かによって、相手に与える影響力は大きな差となって現れてきます。
本講義では、プレゼンテーションに対する心構えから、人前で話す際の注意点まで、本番で必要となるスキルを徹底して解説していきます。



スピーチ実践術
聴衆を釘付けにする巧みなスピーチ術
他と差をつける一番簡単な方法は、上手に自己表現ができるかどうかです。
聴衆を魅了してしまうようなスピーチは、自分の印象を大きく変化させることができます。役職が上がれば上がるほど、スピーチの機会は増え、その分野も3分間スピーチからフリートークまで幅広くなると言われています。
本講義では、日常生活などからの有効なネタ作りをはじめ、聴衆を感化してしまうスピーチ力を実践的に強化していきます。


プレゼンテーション成功術
「苦手」が「得意」に変わるプレゼンテーションの実践訓練
人前で話をするときに「緊張で内容を忘れてしまう」「周りの反応によって慌てる」といった経験はないでしょうか。それでは仮に発言内容がよかったとしても、望んだ結果は得られなくなってしまいます。そのような問題の解決には、まずはプレゼンテーションスキルを知識ではなく、技術として身に付ける訓練を行なうことです。
本講義では、「人に伝わる話し方」を体得するために、実践形式のトレーニングを行ないます。それによって「人前でも緊張しない」「いつでも堂々と話せる」プレゼンテーションスキルの体得を目指していきます。


交渉・提案強化コース

交渉・提案の戦術
キャリアアップするための、ひとつ上のスキル
ビジネス上、交渉や提案を行なう場面は数多くあります。
そこで最良の結果を得るためには、「相手の感情を考慮した上で主張をする技術」が必要となります。その技術を身に付ければ「相手の意見に流される」「自分は押しが弱くて…」といった多くの方が抱える課題を一掃することができるのです。
本講義では、相手に納得してもらうための交渉・提案のプロセス、そして細かなテクニックまでを論理的に解説し、実践で活用するための知識の習得を目指していきます。


対立を解消する交渉術
双方にメリットをもたらす自己主張のやり方
「議論に勝って、交渉に負ける」という言葉がありますが、そもそも交渉とは論理で相手を打ち負かす作業ではありません。相手の話を聞き入れながら同時に自己主張も行ないます。そして、双方にメリットをもたらす『Win-Winの関係』を作ることが重要です。それを実現させるには交渉の場における人
間心理の理解が必要になります。
本講義では、双方にメリットをもたらす交渉の秘訣をケーススタディを通じてお伝えしていきます。それによってビジネスでは避けることのできない交渉のシーンで最良の結果を出す交渉スキルの体得を目指していきます。



説得力のある提案術
人が説得力を感じてしまうポイントを一挙公開
「あの人が言うと、説得力があるな」そう感じたことはありませんか。しかし同じ趣旨の発言でも人によって説得力が変わるのはなぜでしょう。それは提案をする際の考え方やスタンスにミソがあるのです。さらに「人が何に対して説得力を感じるのか」という人間心理を正しく理解して発言することが重要になります。
本講義では、「人が説得力を感じるポイントとは」「より魅力的に聴こえる表現とは」など、社内外あらゆる場面で活用できるノウハウを、ケーススタディを通じて訓練していきます。



営業力強化コース

できる営業マンの心得
トップセースルマンが明かす、成果を出すための秘訣
営業成績が良い人、と聞くと「豊富な商品知識を持っている」「話がうまい」などのイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。
しかし実際のところ、成果を出し続ける秘訣は「そもそも営業にどう当たっていくのか」という姿勢や考え方にあります。
それを身に付けて、はじめてテクニックが役立つのです。
本講義では、「弊社トップセールスマンが日々どんな姿勢や視点で高い成果を出し続けてきたのか」に焦点を当て、その極意を「営業の心得」としてお伝えしていきます。


NOをYESに変える応酬話法
相手が自分の考えを受け入れてくれるプロセスとは
応酬話法とは、自分とは逆の意見を持つ相手に、こちらの考えを受け入れてもらうスキルです。言い換えれば「反論」を「納得」まで導くスキルになります。しかしその様な場面では「反論」を「反論」で切り返し相手を不快にさせるか、そもそも「反論」に押し負けてしまう方が多いようです。その打開策は「反論」から「納得」までのプロセスを知り、納得までのイメージを描きながら対応できるかにあります。
本講義では、長い営業経験を持つ「応酬のプロ」が現場で蓄積した経験を、ケーススタディを通じて余すことなくお伝えしていきます。



売れる営業トークの作り方
「どうしても欲しい」と言われる営業の仕組み
日々の営業活動において、「こちらの想いが中々伝わらない」といった経験はありませんか。それを改善するためには、内容を丁寧に伝えるだけではなく、まずは人の関心のメカニズムを知ることが必要になります。そして人の関心のメカニズムに沿った営業トークを作成していけば自然と顧客の興味を
惹くような営業ができるようになるのです。
本講義では、顧客が思わず興味を持ってしまう営業トークの作り方を、実践を想定したケーススタディを通じてお伝えしていきます。




マネジメントコース

上司の心得
経営者が社員に一番身に付けてもらいたい能力
ビジネスキャリアのひとつのターニングポイントになるのがマネジメントスキルです。
このスキルは人材を育成・指導し、チームをまとめ上げ、最大限の成果を生み出す能力です。
また、マネジメントスキルの習得は、世の中のほぼすべての経営層が最も渇望する能力でもあります。したがって、マネジメントスキルを習得できるかどうかで、今後のキャリアの積み方も大きく変わってしまいます。
本講義では、弊社マネージャーが自らの経験を通じて体得してきたマネジメントの極意をお伝えしていきます。


人を動かすリーダーシップ
成果を出すためのリーダーシップの原点
組織とは上に立つ人間によって変ってくると言われます。上に立つ人間が優秀であれば、組織全体は活性化し、大きな成果を出すことができるでしょう。逆に上に立つ人間の能力次第では、優秀な部下を潰してしまうことにもなりかねません。どちらの結果になるかは、すべて上に立つ人間のリーダーシップによって決まってしまいます。
本講義では、人の上に立つ人間に絶対的に求められる姿勢や考え方を、多様なケーススタディを通じて学習していただきます。それによって「組織を導いていく存在」として活躍するための能力の体得を目指していきます。


部下が育つマネジメント力
周囲に結果を出させる「教育力」
「なぜ部下が育たないのか」「言っても分からない人材はどうすればよいのか」と考えたことはないでしょうか。部下の育成は上司の仕事の中でも最も重要なものです。しかし「名選手、名監督にあらず」という言葉があるように、「できる人材」が必ずしも「できる人材」を育てられるとは限りません。なぜならば実務能力の他に「教育力」が必要になるからです。
本講義では、褒め方・叱り方を始めとした部下のやる気の高め方や実務の指導法などの「教育力」に焦点を絞り、ケーススタディを通じて、実践を意識した能力の向上を目指します。

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ