こんにちは、コンサルタントの高橋です。
新春をむかえあっという間に、睦月が過ぎようとしています。

『一年の計は元旦にあり。』
皆さんは、今年2010年の計画は立てたでしょうか?
上記ことわざは、物事は最初が肝心であるというたとえでも使われます。今年の目標を何も考えていない方はまだ間に合いますので、是非トライしてください。(寅年だけに・・・笑)


おそらく、多くのコミュトレ参加者の方は、何かしら目標を立てたり、ぼんやりにでも「今年はこういうことをやりたいな」とイメージしているかと思います。


「ただ、毎年考えるんだけど年末になったら忘れてるんだよな〜」という人も多いと思います。昔は僕もそのなかの一人でした。

誰しも新しい区切りがあると心機一転の気持ちになり、理想の自分をイメージしますし、考えているときはワクワクしてきます。その時はモチベーションも高く、こんなこともやってみようと努力することが楽しみになります。

しかし少し時がたつと、いつの間にやら忘れてしまい、モチベーションが低下してしまいます。


そうならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

それはシンプルに、1月も後半に入った(モチベーションが低下しやすい)時期だからこそ“具体的に動く”ということです。


とにかく、忘れないうちに動くことを心がけてください。
1年は365日、「まだあと340日以上あるから」と言っていたらいつまでたっても行動しません。半年後でいいや、と思っていても半年後思い出すかといったら難しいと思います。年末に「あと一ヶ月しかない」と嘆いている姿が容易に想像できます。

とにかく、少し強制力を働かせてでも実際に動いてみるといいと思います。

三日坊主が不安であれば、三日やると決めましょう。
一度、動いてみると目標のハードルの高さを実感できます。例えば「本気でやらないと目標達成は難しいな」という危機感が沸いてくる場合もあると思います。(簡単に達成できそうだな、と思うこともあるでしょう。)それが行動意欲となって次の一歩を踏ませてくれます。


そして、モチベーションの維持のためには変化を実感することも重要です。
ダイエットを続けるためには、毎日体重計に乗り“痩せてる!”と思えば、また明日も頑張ろうと思ってダイエットにはげめます。
これも動かなければ実感することすらできません。


思い立ったが吉日。
まずは具体的に行動してみましょう。そして、目標に邁進する習慣をつけることを心がけてみてください。これをやるかやらないか、それだけで一年間の成長に雲泥の差を生むことになると思います。



個人的には30個ほど今年の目標を考えてみました。
この中でも、優先順位もあるし、今すぐにできないこともありますが、とりあえず、今すぐに取り掛かれることは行動しています。

今年はこれまで以上にいろんなことにチャレンジしていきタイガー(寅年だけに)



※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。
HOME>コンサルタントの独り言>1月後半だからやるべきこと

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ