皆さん、こんにちは。コンサルタントの水長です。
ここ最近はオリンピック関連の話題で連日盛り上がっていますね。

個人的にも注目している競技や選手がたくさんいるので、
毎日スポーツニュースは欠かさずにチェックしていたりします。
また、周囲でもオリンピックの話題が出ない日がないほどの注目振りです。

そこまでオリンピックが人々の関心を集めるのは、
競技によってはわずか数十秒で勝負が決してしまうものに対して、
4年分の積み上げてきた汗と涙があるからかもしれませんね。

僕自身も競技結果もさることながら、
大会当日を迎えるまでのドキュメンタリー番組も
ついつい手を止めて見入ってしまうことが多かったりします。


さて、色々な楽しみ方があるオリンピックですが、
同時にビジネスパーソンとして学ぶべきことがたくさんあることにも気付きます。
今回の『独り言』では
“オリンピックに学ぶ、一流の仕事術”と題して
皆さんが明日からの生活にプラスにしていただけるお話ができればと思います。


そもそも、オリンピックとはアマチュアスポーツの頂点に位置する大会です。
アマチュアですから、選手によっては競技をしているだけでは
生活が成り立たない方もいらっしゃるようです。
もちろん競技にもお金がかかりますから
日常のトレーニングや大会遠征にかかる費用を
アルバイトで賄っているという話も耳にします。

ただそんな中でも競技に対して、また自分の技術に対して努力をし続けていく姿には
真のプロフェッショナルな仕事を見出すことができるのではないでしょうか?

その中でも特筆すべきは、
自分の競技に対しての研究心の高さです。
「どうやればタイムをあと1秒減らせるのか」
といった技術面に始まり、
「今まで誰もやったことのない技を編み出したい」
という先進的なチャレンジまで、
常に上を目指して取り組んでいるのが当たり前になっています。

そういった個々人の努力が人類未踏の世界新記録や、
過去の常識では考えられない新技の開発、
そしてそれもすぐに誰もができるようになっているといったシーンに繋がるのでしょう。


しかしその姿勢は本来、すべてのビジネスパーソンにあるべきものだと思います。
毎月のお給料をいただくといことは、
誰もがその仕事についての「プロフェッショナル」な訳です。

そしてプロフェッショナルとして活躍していくためには、
「より効率的な仕事をするためにどうするか」
「みんなが無理だと思っている仕事をどう実現させるか」について
徹底して考え抜く努力していくことが大切なのではないでしょうか?

そしてビジネスの世界で、
その鍵となるのがコミュニケーション能力です。

そもそもビジネスの世界において人と関わることは避けようのない事実です。
そこでより効率的、かつ大きな成果を出していくにはどうすれば良いのか?

それは、
「自分自身の努力だけではなく、
いかに周囲を巻き込むことができるか」

にかかっています。

同僚や上司との協力体制、
他部署とのスムーズな連携、
クライアントからの評価、
そのどれを取ってみてもコミュニケーション能力は欠かすことのできないものです。

そのためにも是非、コミュトレを活用し
ノウハウの習得・トレーニングによる習慣化・ケーススタディによる状況対応力を
磨いていっていただければとおもいます。



※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

HOME>コンサルタントの独り言>オリンピックに学ぶ!一流の仕事術(水長)

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ