皆さん、こんにちは。コンサルタントの水長です。
暑かった夏も終わり、最近はだいぶ過ごしやすい陽気になりましたね。

この時期になると、良く「○○の秋」というキャッチコピーを
耳にすることがあります。
なぜ「春」などの他の季節ではなく「秋」が良いのかは定かではありません。
ただ、自ら一念発起して何かを始めるということは
自分を成長させるためにとても大切なことだと思います。


そこで、今回の『独り言』ですが、
“継続は力なり”というテーマでお話ししていこうと思います。

何かを始めてもすぐに飽きてしまっては
行動に起こしたこともあまり成果に結びつきません。
せっかく行動に起こすのであれば、
“継続”のためのコツ
を知って、有意義に時間を使えるようにしていきましょう。



さて、ここからが本題です。

誰しも、自ら高い目標を掲げ、
新しい取り組みを始めた経験があるかと思います。

しかし、時間がたつにつれて当初の勢いは落ち、
気がついた時にはまったくやらなくなってしまった・・・
なんてことは良くある話です。


それでは、なぜやらなくなってしまったのでしょう?


その答えの1つとして、
「思っていたよりも大変だった」
というものが多いように思います。


確かに「新しいことを始める」ということは、
「今までやらなかったことをやる」ということなので、
想像できていなかった大変さが伴う可能性が高いのです。

そして大変なことを継続するには
とても強い精神力(忍耐力や自制心)が必要となります。


ですから極端にいえば、
「新しく始める」≒「強い精神力がないと続かない」
ということが言えます。


しかし、スタートしたばかりの頃は、
大変だと思いながらもしっかりと行動できていることの方が多いはずです。


その行動のエネルギーとなっていたのが「やる気」です。

ですから「やる気」をコントロールして、
いつでも必要な時に「やる気」を出すことができるようなれば良いのです。
そうすれば、たとえ大変なことであっても
自分の成長のために継続できるようになるという訳です。




では、「やる気」をコントロールするためにはどうしたら良いと思います?

「目標を達成した自分を想像してワクワクする」
「目標を紙に書いて、常に確認できるようにする」

なるほど。確かにそれらも正解です。
目標(ゴール)がわからなければ、
大変なことに取り組む意義がわからなくなりますからね。



ですが、今回はそれらとはちょっと違った視点で
簡単に「やる気」をコントロールする方法をお話しします。



それは、「はじめの一歩」思考です。
(ボクシング漫画の話ではありません・・・念のため)


目標達成のためにやらなければならないことは大抵ハードです。
そのハードさを最初に想像してしまうと尻込みしやすくなってしまいます。

それならば、「はじめの一歩」をやろうと思えば良いのです!!

例えば、毎日ジョギング30分。
これを「はじめの一歩」で考えると、
ジョギングする服装で家の外に出てみる
というのでOK。

他にも、毎週5冊ずつ本を読む。
これであれば、
毎日最低5ページだけは読む
というのが「はじめの一歩」。



なぜそれが「やる気」のコントロールになるのかというと、
「やる気」というのは、行動することで生まれてくるもの
なのです。
ですから逆に行動しないと
やる気はどんどん失われていきます。

ただ、その行動を起こす際に、一番ハードルが高いのが動き出しです。

逆にいえば、何とかして行動をスタートしてさえしまえば、
意外とその先の行動は勢いでできてしまうものだったりします。
それは動いているうちに、どんどん「やる気」が生まれてくるからです。


やらなければならないこと全体のハードさにクローズアップして
大変さばかり考えてしまうと行動を起こすことが大変になってしまいます。
しかし、「はじめの一歩」だけクリアーしてしまえば、
あとは徐々に「やる気」が行動を後押ししてくれるのです。

そうやって少しずつ行動を起こすことに慣れていけば、
いずれは、ハードルの高い動き出しも苦にならなくなるはずです。




コミュトレで学んだノウハウを習得していく上でも、
こうした考え方は応用できます。

例えば、一度にすべてのノウハウを実践し、体得していくことは
簡単ではありません。

そこで焦ったり、大変に感じたりする必要はないのです。
この「はじめの一歩」思考で
「今日はこの前の講義の中からひとつだけでもやってみよう」と考えれば良いのです。


ぜひ、明日からの日常生活で「はじめの一歩」思考を導入してみてください。
もちろん、1日ではそこまで大きな変化は得られないかもしれません。
ただ、毎日「一歩」だけ行動していくことが
皆さんの大きな成長に必ず繋がっていくはずです。




※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

HOME>コンサルタントの独り言>継続できる人になるポイント(水長)



コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ