毎度おなじみ、コンサルタントの高橋史慶です。

社会人の皆さんは、年度末の最終調整で大忙しじゃないでしょうか?
それが終われば、4月!


4月といえば、入学式や入社式、とにかく新しい出会いがあるのがこの月です。
さてさて最近、今年の新社会人のタイプについて、『カーリング型』ということで今話題沸騰中ですね。温泉

カーリング型??? どういうこっちゃ???
カーリングといえば“チーム青森”。青森出身っぽいってこと?(笑)

‘磨けば光るからこそ、周りはそっと背中を押してあげ、ブラシでこすりつつ働きやすい環境を作らなければいけない。だけど、少しでもブラシでこするのをやめてしまうと、減速したり、止まってしまったりしかねない、ということ。
また、売り手市場入社だけに会社への帰属意識は低い。’

ということで、08入社組を定義付けています。(* ̄_ ̄)なるほど。。。

個人的には、
08入社の皆さんがそういうわけでもないと思いますし、自分の将来を自分の努力で切り開いていく力も今の若者は持っていると思います。
また、真面目で実直な方は昔と比べたら増えてきているのではないでしょうか?

とはいえ、4月から新入社員が入ってきて、新しい仲間が増えるということで会社としても、さらに活気付いていくことでしょう。
またベテラン社員は腕の見せどころ!!新入社員の成長は、先輩の育成力だと言っても過言ではありませんから!!

新入社員が「社会人は辛いこともたくさんあるけど、それだけやりがいはたくさんある」と心の底から思ってくれるようになれば、うれしいですよね。そうなったら、新入社員だけでなく自分まで楽しくなっちゃいます。


ただ、先日こんなことがありました。

大手企業に勤めているボクの友人が、仕事中に倒れて入院しました。過労です。
忙しいんだろうか?と思っていたら、確かに忙しいけど、どうもそれだけではなさそうでした。

その友人の上司が部下に向けていつもこんなことを言うそうです。

ロボットのように働け!!」 ・・・・・ Σ(゜ロ゜;)マ、マジ?


こんなことを言われたら、皆さんだったらどう思うでしょうか?
おそらく、言われた本人は、その現場に仕事のやりがいも充実感も感じることはないと思います。


さらに今は、新入社員の入社3年以内での離職率が34.7%(平成18年,厚労省調べ)という時代です。3人いたら、1人は転職するということです。

育成を続けてきた新入社員が次々に辞めていくのは、企業にとっては大きな痛手です。
多少なりとも、マネージメントのやり方は以前と変わってきていると思います。

辞めさせないようにすることが、良いことではないとは思いますが、
新入社員がどんなタイプでどんな性格だろうと、「この会社に入って良かった。○○さんと出会えて良かった」と思ってもらえると先輩社員冥利に尽きると思います。

だからこそ、双方が仕事の現場だけのビジネスライク的な付き合いではなく、仕事以外の雑談などのコミュニケーションを通じて、お互いに尊重しあいながら、同じベクトルにむかえる人間関係を築いていくことが大切なのではないでしょうか?
(事実ボクがそうだったので)


おそらく、その様な人間関係を築いていくきっかけを作るのは、ほとんどの場合は先輩社員の働きかけだと思います。
4月から入ってくる新入社員を、愛情たっぷりで迎えてあげてください。ニコニコニコニコニコニコ


※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

HOME>コンサルタントの独り言>4月は出会いの季節。(高橋)

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ