メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編А
講義名:【対立の解消法】


《前回までの望月さんインタビュー》

メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編 
メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編◆繊攀羔砲離察璽襯好好ル】
メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編〜【上手なメッセージの伝達法】
メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編ぁ繊撻蝓璽澄璽轡奪廛泪ぅ鵐鼻
メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編ァ繊撻廛譽璽鵐董璽轡腑鵝
メンバーさん追っかけ隊〜望月さん編Α繊擶酬話法】


今回は「対立の解消法」なわけですが、
職場で対立をされるケースはあるんでしょうか??




<<望月さん>>
けっこうありますね。
私の回りでも・・あるプロジェクトで発注者の方との対立が起こっていて。

それは、最終的にはうまくまとまったので良かったんですが・・。





望月さん自身が誰かと対立することはありますか??

<<望月さん>>
私が中心になって誰かと対立してるっていうのは・・多分ないと思います。
対立するぐらいなら自分が引いて収めようっていうタイプだったので・・・。

でも、それもやりすぎはよくないんですよね。




確かに、バランスですよね。
それで自分の意見を言えなくなったら駄目ですし・・。


<<望月さん>>
対立してしまうと、絶対わたし負けるんですよね。言い返せないので・・。
すぐに忘れてしまうタイプなので、そんなにストレスにはならないですが(笑)






なるほどー。
では、そんな望月さんの中で今回勉強になった部分はどの辺ですか?


<<望月さん>>
はい。
まず、人が対立をしてしまう原因と
対立してしまったときの具体的な解決法を教えていただきました。

その解決法のひとつとして「選択権」の話があったんですが、この方法は私にとってはやりやすい対立の解消法だと思います。強く押せるようなタイプではないので。





具体的にどういう場面で生かしていきたいですか。

<<望月さん>>
やっぱり現場でやっている技術者の方と、営業(望月さん)って思いが違うんですよね。考え方も違いますし。技術者の方と接する機会は多いのですが、よく対立することもあります。

こういった場面で今回のことは生かせそうです。

今回、相手の欲求も聞き、自分がこうしないといけないというところもきちんと伝えた上で、対立を解消していくというやり方を「4つのポイント」として教わったのでうまく使っていきたいです。

今までは自分の欲求をうまく伝えられなかったり、どこまで伝えたら良いのかがわからなかったので、今回、はっきりした感じです!





グループワークはいかがでしたか。

<<望月さん>>
今回はお互いを説得しあう(対立の解消)という場面を想定して1対1でやりました。

実際に対立をしてしまっている上司と部下という例題で。
私は上司の役、もう一人の方は部下の役でした。






実際、やってみてどうですか。

<<望月さん>>
やっぱりやってみると難しいですね・・
気をつけようとおもっていても、自分の意見を通そうとおもうと少し感情的になってきちゃったりして・・。

気をつけなきゃいけないなと思います。
今までもそうだったなぁと思って反省しました。





いろんなケーススタディがあった訳ですね。



<<望月さん>>
はい。実際に対立の場面を経験できてよかったです。
実際に対立が起こったときも、まず感情的になるというところを気をつけたいです。





わかりました!
では、気づきメモの件なんですが、先週「優先順位」の講義の中であった、
仕事を進めていく上でのテクニックを、意識してやってみていかがでしたか??

気付きメモとは??

<<望月さん>>
はい。いつもよりだいぶ早く帰ることが出来ました!
途中で何か起きてもドタバタすることなく(笑)、サクサクと仕事が進みました!




それは素晴らしいですねぇ。
仕事をテキパキこなしている望月さんの姿、ぜひ見てみたいです。

<<望月さん>>
怖いですよたぶん・・
集中してるときは怖い顔をしてます(笑)

効果がはっきりと出たので、
仕事の優先順位を決めて今後もやっていきたいです。



〜〜インタビュー後〜〜

ひょんなことから、地元の話になり
望月さんの地元は静岡県ということが発覚!

ということで・・・






富士宮焼きそばを作っていただきました(妄想)


「富士山もすごく近い」ということで
ついでに、、、





富士山も。


いつもすいません・・

毎回、「ぜんぜん大丈夫です!」と、
素敵な笑顔で写真撮影にも協力してくれる望月さん。

今回もご協力ありがとうございました。


コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ