こんにちは、コンサルタントの澤田です。
今回のお題は「せんたく」です。

「せんたく」とはいっても、
「洗濯」ではありません。

そうです、「選択」です。

人生には色々な選択がありますが、仕事においては「転職をする」という選択があります。
世の中の方はどのような時に「転職」という選択をするのでしょうか。

「gooリサーチ」のアンケートによると以下のような結果が出ています。
★ 「転職したい」と思ったときの理由ランキング
1 上司との人間関係がよくないから
2 年収アップのため
3 同僚との人間関係がよくないから
4 現在と違う仕事にチャレンジしてみたいから
5 仕事が面白くないから

人間関係が上位に二つもランクインしています。

やはり人間関係の悩みは仕事の充実度に大きな影響を与えているようです。

確かに仕事は一人で行うものではありません。
周囲の人との人間関係が仕事に影響を与えるのも自然なことかもしれません。

では、転職が職場の人間関係の悩みを解決する手段か?
といわれると、実はそうとも言えません。

転職経験のある1000人に「転職で人間関係の満足度はどう変化しましたか?」という質問をしたところ、
「以前より高まった」が21%、「変わらない」が55%、「以前より下がった」が24%だったそうです。
(大手人材コンサルティング会社エン・ジャパン調べ)

転職をして、満足度が上がった人は実は二割しかいません。

こういった現実をみると、職場の人間関係に悩んでいる場合の選択肢は二つになると思います。

人間関係の満足度が上がる職場を探して二割の可能性にかけるか、
コミュニケーション能力を上げてどの職場でも上手く立ち振る舞うことができる自分を作るか、
の二つです。

これからの長い仕事人生を考えたときに、どちらを選んだほうがプラスになりそうか?

自然と答えは出てくると思います。

こうやって客観的に見ていくと、やるべきことって見えてくるものですね。

人間はつい主観的に考えてしまったり、自分の経験のみを軸に考えてしまうことがあります。

そういったときに、客観的に見ながら確実にプラスになる「せんたく」をしていけたら良いですね。




※コンサルタントの『独り言』は執筆者の個人的見解であり、株式会社アイソルートの公式見解を示すものではありません。

コミュトレ(アイソルート ビジネスコミュニケーショントレーニング)のブログ